バイク免許ツーリング AT限定二輪

AT限定二輪免許は簡単で費用も安い

実は、バイク免許にはクラッチがあるマニュアルの物だけではなくクラッチ操作のないATバイクと言う物があるんですね。

 

オートマ二輪車があって、これを限定で乗る事ができるようなAT限定免許という物があるんですね。

 

 

AT限定のバイク免許があってとても便利です

 

バイクはAT限定免許というものがあり、此方も3種類あってAT限定自動二輪車、AT限定普通自動二輪車、AT小型限定自動二輪車の三種類があります。

 

それぞれ、総排気量で決まっているのですが基本はマニュアルのバイクと同じです。

 

免許の取り方自体も基本的には、マニュアルと同じになっており教習所で講習を受けてから実技試験を受けるというようなものになっています。

 

視力や健康状態の規定もバイクと同じようになっておりメガネやコンタクトレンズの仕様も可能になっていて、色識別が正常出来、聴音能力があっていることが条件となっています。

 

基本的には、自動車免許などを所持している人であるのならば条件としては満たしていると思っていいでしょう。

 

なので、条件などはそれほど難しくなかったりして寧ろMTの二輪免許よりも簡単です。

 

 

AT限定二輪の免許はどんな違いがあるのか

 

条件などは同じなのですが、AT限定二輪の免許の場合はまずAT限定でしか乗ることができない、というところが違いますね。

 

ただ、これはあくまで乗車の条件なので実は免許取得時にも違うところが色々とあります。

 

例えば、まずいちばんの違いは免許取得のための費用ですね。

 

実は二輪免許はMTの物を取るのとAT限定のものを取るのでは自動車と同じでAT限定の費用の方が安くなっているのです。

 

だから、費用のことを考えるのならば実はAT限定二輪の方がちょっと安く済むんですね。

 

また、AT限定の二輪の方が実技の方がちょっと簡単なので難易度が下がるという意味でもお手軽なところがあるんです。

 

 

AT限定二輪の免許を取得してみよう

 

AT限定でも、排気量は変わりませんのでバイクに乗るというだけの目的ならば特に困ることはないんですね。

 

勿論、AT限定二輪ではMT二輪に乗ることは出来ないのですが、ツーリングをしたいだけならば特に問題はありません。

 

なので、MTに拘るわけではないのならAT限定の方が取りやすいです。